お酒にまつわるためになる話

  過去ログ >>> 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
VOL1  奈良漬の秘密

福岡は、この夏も、じりじりと太陽の照りつける好天が続き、おかげさまで無事奈良漬も漬け終わることができました。
さて、「他にない味、歯ざわり」と皆様にご好評をいただいている「楢の露の奈良漬」ですが、今回は私たちの「奈良漬」に対するこだわりについてご説明します。
<<< 1.瓜の新鮮さ
晴れた日の夜明けとともに契約農家に瓜を採りに行きます。
瓜の質はもちろんですが、形や大きさも重要なポイントです。
そしてすぐに下処理を始めます。
<<< 2.太陽の力
瓜を干します。 時間、陽射しの状態などなど...かたときも気が抜けません。
<<< 3.楢の露自慢の酒粕蔵
何と言っても楢の露自慢の酒粕蔵で、じっくり熟成させた酒粕と天然の荒塩を惜しみなく使います。 糖分、添加物はまったく使用しません。
生漬けで、一皮、一皮ていねいに漬けこみます。

<<< 4.熟成 
蔵の中で熟成、独特の色、歯ざわり、味が生まれます。
ミネラルたっぷりです。


  過去ログ >>>
    VOL2 大道芸人 in 宗像
    VOL3 赤馬について
    VOL4 蔵開き体験レポート
    VOL5 水のおはなし
    VOL6 酒中八仙こぼればなし
    VOL7 2005年酒蔵開放
    VOL8 「人生の楽園」撮影顛末記
    VOL9 今日感テレビ-それ行けキッチンカー
    VOL10 日本酒でつける本格梅酒の作り方
    VOL11 中津宮春季大祭
    VOL12 新酒ができました!  杉玉―酒林−の話
    VOL13 楢の露酒蔵レポート
    VOL14 2008年新酒蔵出し祭
    VOL15 お酒とゴスペルの集い
    VOL16 街道てくてく旅
    Vol 17 貝原益軒の滋養酒復活「養生訓」のはなし
    Vol18  純米酒の饗宴のはなし
    Vol19  2010新酒蔵出し祭
    Vol20 秋上がりの清酒とは・・・
    Vol21 勝屋酒造第1回 米作り・酒造り体験コース
    Vol22 2011年酒蔵開放
    最新版 2011年酒蔵開放




勝屋酒造合名会社 〒811-4146 福岡県宗像市赤間4丁目1-10 TEL 0940-32-3010 FAX 0940-32-4772