お酒にまつわるためになる話

  過去ログ >>> 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
VOL15 お酒とゴスペルの集い

9月20日、楢友会の会員様を中心に「お酒とゴスペルの集い」を開催しました。
酒蔵とゴスペル?ミスマッチのようですが、お荒神様、水神様、松尾(まつのお)様といった日本の神々が宿る酒蔵で聴くゴスペルは最高!とお客様にも大好評でした。
出演はソウルマティックス。日本のゴスペルの第一人者、池末信氏が主催するゴスペルグループで全国各地でライブを行っています。酒蔵で演奏するのは初めてとのことでしたが、“Oh Happy Day”、 ”Joyful Joyful”、 オリジナル曲の”Smile” から「千の風になって」「ふるさと」「見上げてごらん夜の星を」、アンコールにはお客様のリクエストに応えて”Amazing Grace”などなど、魂のこもった熱い演奏に、会場も盛り上がりました。
会員様中心の秋の催しは今年で2回目。テーブルと椅子の会場でお酒やお料理、おしゃべりをお楽しみいただければと思っています。
今年は、山田錦60%精白の「赤間宿」宗像産食用米ヒノヒカリ60%精白の「わがまち育ち」2つの特別純米酒をお出しして飲み比べていただきました。
お料理はご近所の「画廊カンヴァス」さんが、自慢のおでんとオリジナルねぎ焼き、辛子明太子入り玉子焼きを販売されました。

  過去ログ >>>
    VOL2 大道芸人 in 宗像
    VOL3 赤馬について
    VOL4 蔵開き体験レポート
    VOL5 水のおはなし
    VOL6 酒中八仙こぼればなし
    VOL7 2005年酒蔵開放
    VOL8 「人生の楽園」撮影顛末記
    VOL9 今日感テレビ-それ行けキッチンカー
    VOL10 日本酒でつける本格梅酒の作り方
    VOL11 中津宮春季大祭
    VOL12 新酒ができました!  杉玉―酒林−の話
    VOL13 楢の露酒蔵レポート
    VOL14 2008年新酒蔵出し祭
    VOL15 お酒とゴスペルの集い
    VOL16 街道てくてく旅
    Vol 17 貝原益軒の滋養酒復活「養生訓」のはなし
    Vol18  純米酒の饗宴のはなし
    Vol19  2010新酒蔵出し祭
    Vol20 秋上がりの清酒とは・・・
    Vol21 勝屋酒造第1回 米作り・酒造り体験コース
    Vol22 2011年酒蔵開放
    最新版 2011年酒蔵開放


勝屋酒造合名会社 〒811-4146 福岡県宗像市赤間4丁目1-10 TEL 0940-32-3010 FAX 0940-32-4772